3月議会(3/3~3/19)が始まりました

2014年度市予算・重要議案

 議会傍聴にお越しください

4月から消費税8%への増税は市民生活や水戸市の財政にどのような影響をもたらすでしょうか。
日本共産党水戸市議団は暮らしと福祉、雇用と地域経済を守る立場から、2014年度水戸市予算を審議し、第6次総合計画に示される高橋市長の政治姿勢やまちづくりをただします。

☆質問の開始時間は、議会の進行状況により前後しますので、詳しくは市議団控室(TEL:306-9793)までお問い合わせください☆

中庭議員が6水総に反対討論

開会日に行われた「水戸市第6次総合計画」の採決にあたって、中庭議員が反対討論を行いました。採決では、日本共産党以外のすべての議員が賛成して採択されました。
中庭議員は、相次ぐ市民負担増の一方で、2000人規模の市民会館ホール整備や広域合併、図書館等の民間委託や職員削減を進める計画の見直しを主張し、市民の暮らし・願い実現を最優先にする市政への転換を求めました。
※詳しくは中庭議員のホームページに掲載。

 田中まさき議員 代表質問 3月11日(火)午前10時から

1.市長の政治姿勢について
(1)消費税増税の市民生活への影響について
(2)市民負担増の中止・撤回について
2.第6次総合計画はくらし・福祉優先に拡充すること
(1)保育所待機児童解消
(2)特養ホーム増設
(3)国保税引き下げ
(4)子どもの医療費助成の所得制限の撤廃
3.市民会館の移転改築について
4.政令指定都市をめざす広域合併の推進は行わないこと
5.原子力行政について
(1)東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求めることについて
(2)住民の避難計画について
6.教育行政について
(1)少人数学級の拡大について
(2)教育相談事業について
(3)快適な教育環境の整備

 中庭次男議員 一般質問 3月11日(火)午前11時~

1.市営住宅の入居、家賃徴収修繕などの民間委託の問題点について
2.市立図書館の民間委託は市民サービスの低下につながり、直営の維持を
3.小学校の学校給食に民間委託することは、おいしい給食づくりと食育教育に反する
4.医療費の窓口一部負担金の減免制度の改善を
5.低所得者に対する給与の差押えをやめること
6.消費税増税にともなう臨時福祉給付金について
7.生活保護費の4月引き下げに反対し、保護申請書を市窓口におくこと

 江尻かな議員 一般質問 3月11日(火)午後1時~

1.子どもの貧困対策について
(1)市の認識と実態把握
(2)就学援助
(3)学習・教育支援
(4)就労への移行支援
(5)未成年者の自立援助ホーム
2.学童保育について
利用処遇改善
(2)民間学童クラブの保育料助成
3.介護保険制度の改悪について
(1)要支援者へのサービス
(2)特養ホームの入所要件
(3)地域支援事業
(4)介護事業所や市財政への影響
(5)市の財政負担

 お知らせ
今月の無料法律相談は3月15日(土)午後1時~
≪場所・連絡先≫日本共産党水戸市委員会事務所
水戸市上水戸2-6-21 TEL:029-221-7441

お気軽にご相談を

週刊ニュース 2014.3.9  (PDF)