日本共産党水戸市議 なかにわ次男の公式Webです。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

くらしのたのもしいまもり手、なかにわ次男(中庭次男)

経歴

  • 1946年(昭和21年)6月、水戸市大工町に生まれる。71歳
  • 市議会議員8期目(30年)
  • 五軒小学校、水戸二中、水戸一高、茨城大学教育学部卒
  • 県立水戸飯富養護学校PTA会長、見川学区子ども会育成会副会長、
    原水爆禁止茨城県協議会事務局長、水戸市議会都市建設委員会委員長、
    100条委員会委員長、総務環境委員会委員など歴任。
  • 現在…日本共産党県委員・第二桜川住宅町内会長、水戸市議会都市建設委員会委員
  • 家族…妻、一男一女
  • 住所…水戸市見川5丁目1251-87
  • メール…migawa1@nifty.com

なかにわ議員のあゆみ

差別のない社会を

水戸市大工町の「おもちゃのなかにわ」の二男として生まれ、五軒小学校、水戸二中、水戸一高、茨城大学に進み、差別のない社会をつくりたいと日本共産党に19歳で入党しました。

40歳で初当選

大学卒業後、日本共産党の専従職員となり40歳で市会議員となりました。

要望実現のため、必ず発言

市会議員になってからは議会ごとに必ず発言し、中学3年生までの医療費補助制度などを実現させてきました。

障がい者の親として

障がい者の長男が通っていた飯富養護学校PTA会長として活躍。議会では福祉作業所増設、難病患者見舞金の実現などに力をつくしています。

町内会長として活躍

地元では44年にわたり町内会長として道路、公園、排水路、集会所の整備などにとりくみ、信頼を集めています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 日本共産党水戸市議 中庭次男 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.