日本共産党水戸市議団のWebサイトです。

活動レポート

  • HOME »
  • 活動レポート

議会での活動状況、提案・申し入れを掲載します。

2015年度の水戸市の予算に関する要望書(150項目)を高橋市長に提出しました

2015年度予算要望書提出日本共産党水戸市議団(田中まさき、江尻かな、中庭次男)と大内くみ子県議、来年4月の水戸市議選の土田きよみ予定候補の5名は11月17日、「2015年度水戸市の予算に関する要望書」を高橋靖水戸市長に提出しました。
日本共産党がとりくんできた市民アンケートに600通をこえる回答がよせられました。これらの切実な要望を反映した予算要望書は、全体で150項目となりました。
主なものは、消費税の再増税中止や沖縄への基地押しつけをやめるよう国に求めること、待機児童ゼロへ保育所の増設、子ども医療費助成の所得制限の撤廃、東海第2原発の廃炉、乗合デマンドタクシーの実現、図書館の民間委託中止のほか切実な地域要望をもりこみました。
要望に対し高橋市長は「米価暴落では一歩踏み込んだ農家支援を検討している。開放学級の6年生までの拡大は可能な学校から実施したい。子ども医療費助成の所得制限の撤廃は難しい。東海第2原発については協定見直しなど15市町村の協議会で検討していく。」などと回答しました。

2015年度予算要望書 (PDF)

 

2014年度の水戸市の予算に関する要望書(115項目)を高橋市長に提出しました

日本共産党水戸市議団(田中まさき、江尻かな、中庭次男)と大内くみ子県議は11月21日、来年度予算に関する要望書(全体で151項目)を高橋靖水戸市長に提出しました。
水道料金値上げ中止や待機児童ゼロ、原発ゼロ・東海第2原発の廃炉と安全協定見直し、秘密保護法反対、図書館の民間委託中止のほか、切実な地域要望をもりこみました。
要望に対し高橋市長は「水道料金値上げは答申の11%を7.9%に引き下げた。」と回答しました。
また東海第2原発をめぐる安全協定の見直し問題について「日本原電は今年中に回答するとしている。関係首長の全員が安全審査や再稼働に関する事前協議の対象自治体の拡大は譲れないという点で一致している」と回答しました。

2014年度予算要望書 (PDF)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の記事

PAGETOP
Copyright © 日本共産党水戸市議団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.